ニキビ跡の種類に合わせたケアが肝心 - 私はこれでニキビ跡を消しました

私はこれでニキビ跡を消しました
私はこれでニキビ跡を消しました > ニキビ跡の種類に合わせたケア

ニキビ跡の種類に合わせたケアが肝心

ニキビ跡はその跡の種類に合わせたケアがとても重要です。
その人の肌質やニキビ跡の種類、深刻さなどなど状況によって症状が異なるので、闇雲にケアを行うのではなく適切な処置を行っておく必要があるのです。

一つ注意しておきたい点はニキビ跡の中でも肌が凸凹とした感じになってしまったものや、肌がひどく化膿し角質層を超えて真皮層まで穴が開いてしまったような感じになってしまったものです。
こういった場合はホームケアで確かな効果を感じられないこともあります。
肌の角質層が失われてしまうようなニキビ跡に関しては、エステサロンや美容クリニックで相談してみるのが良いでしょう。

まずニキビによって赤い腫れを伴ったニキビ跡の場合には炎症を沈める必要があります。
炎症を落ち着かせ、ニキビ跡が残らないように保湿をしっかり行いターンオーバーが出来るように回復させます。

次に表面がケロイド状になったニキビ跡の場合は、肌のターンオーバーを促進させてあげる必要があります。
肌の表面へターンオーバーが活性化するトレチノインクリームなどを使い、新しい肌を作り出すことが改善への近道です。
ニキビ跡ができた後の肌はすぐにターンオーバーする力を奪われてしまっていることもあるので、外からの力でキレイにしていくのです。

そして肌へニキビ跡の色素が沈着してしまった場合には肌に沈着した色素を取り除くためにハイドロキノンクリームやビタミンC誘導体が配合された化粧品などを使い、メラニン色素を薄くしていきます。

これらの対処法のようにニキビ跡の種類によって適切なケアが必要となります。