赤みの強いニキビ跡への対策 - 私はこれでニキビ跡を消しました

私はこれでニキビ跡を消しました
私はこれでニキビ跡を消しました > 赤みの強いニキビ跡への対策

赤みの強いニキビ跡への対策

赤みの強いニキビ跡にはどのような対策が効果的でしょうか。
まず現在のニキビ跡をしっかり見てみましょう。
肌の表面がニキビが出来た時のような状態、ニキビが治り肌の表面がケロイドのようになっている状態、腫れも無くただ赤みがしっかりとある状態様々なケースが考えられます。

まず肌の表面がニキビができた時のように赤くなっており、膿のようなものが見えたり、毛穴が広がっているような場合はまだニキビの状態でこれからまた腫れが悪化するなどのケースが考えられます。
こういった場合にはまずは治療のための病院からもらった軟膏やケア商品などを使い、しっかり保湿しながら様子を見るのが良いでしょう。

次に肌の表面がケロイド状になり、強い赤みを持っている場合はニキビ跡でありそのまま放っておくとケロイド状の部分がターンオーバーで薄くなっていきます。
こういった場合は肌のターンオーバーを促進させる成分や消炎効果を持っている成分を肌につけて、肌本来のちからを取り戻せるようにケアしてあげましょう。
ケロイド状になると一生治らないと勘違いされる方も多いですが、顔の皮膚はターンオーバーが早いので適切にケアしてあげることで次第に薄くなっていきます。

そして腫れもなく赤みががっつり肌に残ってしまった場合は、こちらも保湿などを行い肌のターンオーバーを促進させてあげることが肝心です。
肌の内側に赤みが残ってしまった場合は本来のターンオーバーだけでは時間がかかることも多いので、ビタミンC誘導体やトレチノインなどを使い肌を活性化させてキレイになるまで根気よく頑張ってみましょう。